チェロとドラムのメタルバンド、Apocalyptica(アポカリプティカ)

始まりました!2017年 メタルバンドAdventCalendar!!!
クリスマスまでもう少し!ドキドキワクワク!!

ということで、1日目はApocalyptica(アポカリプティカ)
フィンランドのバンドで、楽器がチェロとドラムです。ヴォーカルはいません。

まずは、メタリカのカバーアルバム「Plays Metallica by Four Cellos」から「Battery」をどうぞ。 Apocalyptica - Battery

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、紹介した「Battery」にはドラムがいません。
結成当初、Apocalypticaはチェリスト4人のバンドでした。ドラムが入ったのは2003年以降です。

出会いの1曲は「I Don't Care ft. Adam Gontier」

私がApocalypticaを知るきっかけになったのは、アルバム「Worlds Collide(2007年)」の「I Don't Care」です。
Three Days GraceのAdam Gontierがゲストとして歌っています。
Apocalyptica - I Don't Care ft. Adam Gontier

他にも、Slipknotのコリィや、ラムシュタインのティル、布袋寅泰などなど、たくさんのゲストと曲を作っています。

LOUD PARK 2017にて来日!

最後に、今年のLOUD PARKでの写真を2枚ほどご紹介。


Apocalypticaの写真。スポットライトに照らされている4人のチェリスト

4人のチェリストがスポットライトに照されて演奏開始!かっこいい!!


Apocalypticaの写真。チェリスト3人が動き回る中、一番左のアンテロ・マンニネンだけ椅子に座っている。

演奏が進むにつれ、チェリスト3人が動き回る中、一番左のアンテロ・マンニネンだけ、まったく椅子から立ち上がりませんw
いつの間にかずっと彼を見ていました。かなりかっこ良かった!

ということで、本日は、チェロが主役のちょっとめずらしいメタルバンドのご紹介でした!


投稿者名 なちこ 投稿日時 2017年12月01日 | Permalink